『四重人格』/ザ・フー

四重人格
ザ・フー / ユニバーサルインターナショナル
1973年作品
お勧め度: ★★★★
代表曲
「リアル・ミー」、「5:15」、「愛の支配」

 トミーに続く、ロック・オペラ第2弾。これも2枚組の大作。主人公ジミーのストーリーを通じて、モッズの生態を描く。サウンド的にはホーンセクションやシンセサウンドを導入し、曲やアルバムの構成がより複雑化している。
 1曲目のSEの後に始まる2曲目の「リアル・ミー」がかっこいい。特にベースラインがすごいと思う。「5:15」はホーンセクションが印象的。ラストの「愛の支配」はザ・フーにしては珍しく感傷的な感じのバラード。
[PR]
トラックバックURL : http://abbeyroad.exblog.jp/tb/1025782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 反米嫌日戦線 LI.. at 2004-11-27 04:01
タイトル : The WHO
The Jamを聞いてからボクはPUNKにのめり込むことになる。1977年、世の中はウエスト・コーストが全盛で、当時創刊された「POPEYE」も米西海岸の文化を紹介する雑誌だった。ところが、「SWINGIN LONDON」と称して... more
Tracked from さかずうの日記 at 2004-12-04 23:48
タイトル : THE WHO『Quadrophenia』
1978年9月7日、キース・ムーンがオーバー・ドープで他界した。享年31才。 私も、いつの間にか、キースよりも随分年上になってしまった。 邦題『四重人格』と名付けられた、THE WHO渾身の2枚組大作。 『トミー』と同じく、ロック・オペラとして発表されたが、ストーリー性では、やや劣ると言われる。確かに、『トミー』は、ドラマチックすぎるが・・・・。 しかし、音そのものは、格段の進歩をとげ、オープニングの「I AM THE SEA」のSEなど、映画に近い。 1曲1曲のクオリティの高さもさ...... more
Tracked from Kozmic Blues.. at 2005-10-01 23:51
タイトル : THE WHO 「QUADROPHENIA」(四重人格)
 昔、金は無いがロックに飢えていた学生時代、良く近所の図書館でレコードを借りていました。結構、館員の方の趣味なのかもしれませんが、品揃えが非常に充実していて本当に借りまくっていました。... more
Commented by nowhere1967 at 2004-11-17 21:41
そうですね、2曲目はベースラインが印象的です。
ホーンセクションも効果的に使われていて聴き応えのあるアルバムだと思います
Commented by nowhere_land at 2004-11-19 00:07
僕がベースがすごいと思う曲は、この「リアル・ミー」とビートルズの
「タックスマン」ですね。あと、クリームの「クロスロード」もすごいなあ。
by nowhere_land | 2001-01-01 01:17 | Who | Trackback(3) | Comments(2)