『リボルバー』/ザ・ビートルズ

リボルバー
ザ・ビートルズ / 東芝EMI 
1966年作品
お勧め度: ★★★★
代表曲
「イエロー・サブマリン」、「エリナー・リグビー」、「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」

 前作とは打って変わって、ジャケット、その収録曲とも斬新で革新的な内容。従来の音楽スタイルに捉われずさまざまな音楽的実験が行われ曲調はバラエティに飛んでいる。
 サイケデリックなサウンドが開花しており、ラストの「トゥモロー・ネバー・ノウズ」ではSEを実験的に使ったその衝撃的なサウンドにぶっ飛ばされてしまいます。(ミスチルの曲とは全然違う。念のため)
 ビートルズの偉大なところは、ポップな面で優れていて、かつ実験的な面にも果敢に取り組んで成功させている点だと僕は思う。
[PR]
トラックバックURL : http://abbeyroad.exblog.jp/tb/421677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 「咲いた手帖」 at 2006-04-25 20:59
タイトル : 名コンビとオルドリッジ
どうも、斎田です。 現在発売中の雑誌「PLAY BOY」でビートルズの特集をしており、即購入してしまいました。この特集ではビートルズの来日にスポットを当てており当時の間係者による証言や、記者会見の様子など丁寧にルポされていてとても読みごたえのある内容でした。ビートルズが来日したのが1966年の6月。その2ヶ月後に非常にサイケデリックなアルバム「リボルバー」が発表されます。「リボルバー」というアルバムタイトルは彼等が来日した際、警察官たちが皆リボルバー式の拳銃を装備していた事が印象的だったからという説...... more
Commented by nowhere1967 at 2004-10-18 22:16
ただのポップで終わらないところがビートルズの偉大なところですよね。
by nowhere_land | 2001-01-01 01:34 | Beatles | Trackback(1) | Comments(1)