『クリームの素晴らしき世界』/クリーム

クリームの素晴らしき世界
クリーム / ユニバーサルインターナショナル
1968年作品
お勧め度: ★★★★
代表曲
「ホワイト・ルーム」、「クロスロード」、「スプーンフル」

 2枚組のアルバムであり、1枚目はスタジオ盤、2枚目にはライブ盤という構成。1枚目はヒット曲「ホワイト・ルーム」を始め『カラフル・クリーム』の延線上の曲が収録されている。
 しかしこのアルバムの聴き所は何と言っても2枚目のライブの緊張感溢れる演奏にある。「クロス・ロード」では、エリック・クラプトンのギターとジャック・ブルースのベースとジンジャー・ベイカーのドラムスのそれぞれがハイレベルなプレイで主張し合い、激しくぶつかり合う。正にバトル!他の曲でもインプロヴィゼイションが延々と展開される。現代では考えられないような衝撃的・奇跡的なプレイで必聴!
[PR]
トラックバックURL : http://abbeyroad.exblog.jp/tb/439064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by juil at 2005-08-22 01:25 x
私はCreamのファンではないのですが、子供の私に音楽のエクスタシーを教えてくれたのが彼らのWhite Room でした。あのイントロにノックダウンされました。ラジオだったので、いつも曲名を聞き逃し、なんという曲かわかるまで、時間がかかってしまいました。
by nowhere_land | 2001-01-01 01:24 | Cream | Trackback | Comments(1)