『トミー』/ザ・フー

Tommy
ザ・フー / Polydor 
1969年作品
お勧め度: ★★★★★ 名盤
代表曲
「ピンボールの魔術師」、「俺達はしないよ」

 本国イギリスでは、ビートルズ、ストーンズと並ぶ評価を得ているザ・フー。このアルバムはザ・フーが69年に発表したロック・オペラのはしり的作品。
 アルバム全体が聴覚、言語、視覚に障害を持つ少年「トミー」の物語となっており、というと何か重そうなテーマに感じるかもしれないが、アルバム全体の雰囲気としては曲調、サウンド的に爽快感、清涼感が漂っている。「SEE ME FEEL ME」のように印象的なフレーズがアルバムの随所に登場し、最後のLISTENING TO YOU...のくだりでは感動的なラストに導かれる。
 ザ・フーというと元気のいいロック・バンドというイメージで、確かにそうであるが、こういった緻密な構成を築きあげるところにおいても優秀なバンドであることを、このアルバムや『四重人格』で証明してみせている。
[PR]
トラックバックURL : http://abbeyroad.exblog.jp/tb/500247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nowhere1967 at 2004-10-19 22:12
たしかに扱っているテーマは重いですがサウンドは重くないですね。
それどころか、爽やかにロック(というのも変ですが)してますからね。
Commented by trico_dragon_no_9 at 2004-11-16 01:57
ピンボールの魔術師のイントロのアコギ、ピートならではの歯切れの良いバッキングです。キースのドラムもこのころはまだまだバタバタしてて大好きです。
by nowhere_land | 2001-01-01 01:19 | Who | Trackback | Comments(2)