『フーズ・ネクスト』/ザ・フー

フーズ・ネクスト
ザ・フー / ユニバーサルインターナショナル 
1971年作品
お勧め度: ★★★★
代表曲 「ババ・オライリィ」、「無法の世界」、「ビハインド・ブルー・アイズ」

 シンセサイザーをロックサウンドと融合させた傑作。このアルバムがザ・フーの最高傑作だとの呼び声が高いけど、個人的には『トミー』の方が好きなので、そちらの方を5つ星としました。
 とはいえ、やはりアルバムの完成度は非常に高く、「ババ・オライリィ」や「無法の世界」では、耳障りのよいシンセの音を効果的に導入し成功させている。キース・ムーンのパワフルなドラムに負けず劣らず、ピート・タウンゼントのギター、ジョン・エントウィッスルのベースも個性的。(ロジャーのボーカルはそれに比べたら個性で負けているかな。。。)
 ザ・フーって、ストレートなロックであまり黒っぽさを感じさせないせいか、今聴いても全然古びておらず、90年代以降のロックにも通じる普遍的なものを持っていると思う。
[PR]
トラックバックURL : http://abbeyroad.exblog.jp/tb/500376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nowhere1967 at 2004-10-19 22:10
僕は「トミー」もいいですが、こちらの方が好きです^^
とはいっても甲乙つけがたいですが。
ボーカルが一番目立たないバンドも珍しいですよね(笑)
Commented by nowhere_land at 2004-10-20 00:56
まあ、普通「The Who」といえば、こちらでしょうね。
こちらも好きです。
Commented by trico_dragon_no_9 at 2004-11-16 01:54
もっとwhoのっけてよ!四重人格の「Real me」が大好きなんです!
Commented by nowhere_land at 2004-11-17 01:10
あいよ!ご要望に答え、WHO増やしましたw
リアル・ミーかっこいいです。
Commented by ElectricDragon90V at 2005-02-04 05:39
はじめまして
ころと申します
ふらふらと古きよき時代の音楽の匂いに誘われ辿り着きました
60年代~の英国ロックは素晴らしくカッコいいですよね
横綱、大関クラスのバンドがそこらじゅうにひしめいてますもの
フーは僕も大好きです
LIVE AT LEEDSも外せませんね
とっても素敵なブログなので感激です
またお邪魔させてくださいね

Commented by nowhere_land at 2005-02-05 23:58
>ころさん はじめまして
60年代後半から70年代前半にかけては、ロックの名盤がごろごろ
しているすごい時代だと思います。LIVE AT LEEDSはライブ・バンド
としてのTHE WHOの魅力が堪能できますね。今後ともよろしくお願いします。
Commented by at 2008-01-01 22:29 x
一度も聴いたことないです。。・・・多分日本でマイナーすぎる!
by nowhere_land | 2001-01-01 01:18 | Who | Trackback | Comments(7)