『ジギー・スターダスト』/デヴィッド・ボウイ

ジギー・スターダスト
デヴィッド・ボウイ / 東芝EMI
1972年作品
お勧め度: ★★★★★ 名盤
代表曲
「スターマン」、「ジギー・スターダスト」

 初期のデヴィッド・ボウイは、曲の中に物語世界が構築されているのが特徴であるが、このアルバムでは1曲、1曲の物語が絡み合って全体として1つの世界を創り上げている。あと5年後しか残されていない世界に彗星の如く現れたロックスター ジギー・スターダストの隆盛と衰退の物語。
 アルバムの前半はゆったりした流れであり、ヒット曲「スターマン」では宇宙からやって来たスターマンと子供達の朗らかな交流が歌われる。アルバムの後半に行くに連れて徐々盛り上がりをみせ、ラストの「ロックンロールの自殺者」での「君はひとりじゃない!」という感動的な叫び声で幕を閉じる。
 もともとレッツ・ダンス、戦場のメリークリスマスの頃の低い声のボウイしか知らなかったので、初期のかぼそく高い声には驚かされた。デビュー後、どんどんサウンド・スタイルを変えていった人です。
[PR]
トラックバックURL : http://abbeyroad.exblog.jp/tb/542285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ”Mind Resolve” at 2005-11-24 18:49
タイトル : David BowieのTin Machine ~ ロッ..
   ブログっていうのは、”WEB ” と”LOG”というコンピューター用語が合わさった言葉らしいけど今世紀初頭の、この”流行りモノ”は日本国内にとどまらず、むしろ、海外のユーザーの、その盛り上がり方はハンパじゃない。例えば、今や自分でネット・バンク... more
Commented by juil at 2005-08-22 01:29 x
初期のかぼそく高い声...それでは、Space Oddity のなかの、Letter to Hermione はお聴きでしょうか?
もしまだでしたら、是非!!
by nowhere_land | 2001-01-01 01:01 | David Bowie | Trackback(1) | Comments(1)