『ヨシュア・トゥリー』/U2

ヨシュア・トゥリー
U2 / ユニバーサルインターナショナル
1986年作品
お勧め度: ★★★★★ 名盤
代表曲
「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」、「終わりなき旅」、「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネーム」

 清涼感漂うシンセの音にどこからともなく聴こえて来るギターで始まるこのアルバムは、ご存知グラミー賞受賞のU2の80年代の代表作。ああ、U2はここに向かっていたのかと『焔』の頃の不安も吹っ飛んだ。
 アメリカのルーツ音楽をU2風に解釈しており、非常に研ぎ澄まされた繊細なサウンドとなった。歌詞は聖書からの引用も多く宗教的な色彩も強い。
 『WAR』も『焔』もビルボード誌のチャートで12位止まりで、これがもし70年代だったら1位になっていたのになと思っていたら、ヨシュア・トゥリーは発売されるや否やチャートを上り詰め、あれよあれよと1位になった。続いて「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」、「終わりなき旅」も1位になりU2はロック界の頂点に上り詰めた。でもまさかグラミー賞を受賞するようなバンドになるとは、『WAR』の頃には思いもしなかったぞ!
[PR]
トラックバックURL : http://abbeyroad.exblog.jp/tb/570164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from popTV Station at 2005-10-14 02:05
タイトル : U2『ヨシュア・トゥリー』
全米・全英ともにチャート首位を獲得したU2の世界規模出世作。特にアメリカでは9週連続一位、グラミー賞の年間最優秀アルバムも受賞しました。と言うのも、このアルバムはニューウェーブ畑から出てきたアイルランド出身のバンドが、アメリカン・テイストに本格的にどっぷり浸かってみせた作品でもあります。ブルース、カントリー、ソウル、ゴスペル・ミュージックなどをごった煮して、さらに孤高のロック・バンドとして激しいダイナミズムやロマンチズムに溢れた一枚に仕上げました。プロデュースは盟友、ブライアン・イーノとダニエル・ラノ...... more
by nowhere_land | 2001-01-01 00:51 | U2 | Trackback(1) | Comments(0)