バンド・オン・ザ・ラン
ポール・マッカートニー&ウイングス / Emd/Capitol
1973年作品
お勧め度: ★★★★★ 名盤
代表曲
「バンド・オン・ザ・ラン」、「ジェット」

 ビートルズ解散後のポールのソロ・アルバムは、アルバム中に1、2曲はいい曲があるもののアルバム全体の仕上がりとしてイマイチであったのが、このアルバムで漸くビートルズのイメージを払拭しオリジナリティ溢れる傑作を創った。
 ヒット曲「ジェット」を初め、ビートルズとはまた違ったウイングス・サウンドを創り上げている。「レット・ミー・ロール・イット」はジョンの「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ」に対するポールの返答。逃亡中の脱獄囚がサーチライトに照らされ見つかっているというアルバム・ジャケットも面白い。ラストの「西暦1985年」ではオーケストラをフィーチャーし壮大な盛り上がりを見せ、これこそ本来のポールの本領発揮である。
[PR]
by nowhere_land | 2001-01-01 01:13 | Paul McCartney & Win | Trackback(1) | Comments(0)