オール・シングス・マスト・パス
ジョージ・ハリスン/ 東芝EMI
1970年作品
お勧め度: ★★★★★ 名盤
代表作
「マイ・スイート・ロード」、「ホワット・イズ・ライフ?」

 LP時代には、ジャム・セッションを収録した1枚を含む3枚組としてリリースされており、ビートルズ時代に発表できずにいた曲を一挙に噴出した感じで、それ故にできた完成度の高い名盤。
 ヒット曲「マイ・スイート・ロード」を初め曲のクオリティは全体的に高く、ジョージ特有のセンチメンタリズムに溢れており、ビートルズ時代にはジョン、ポールの影で目立たなかったジョージの才能を改めて認識させられる。随所にビートルズの香りが漂い、ジョージがビートルズのサウンド構築の重要な一旦を担っていた事が分かる。エリック・クラプトンなど共演のゲストも豪華。
[PR]
by nowhere_land | 2001-01-01 01:12 | George Harrison | Trackback | Comments(0)