メロンコリーそして終りのない悲しみ
スマッシング・パンプキンズ / 東芝EMI
1995年作品
お勧め度: ★★★★
代表曲
「バレット・ウィズ・バタフライ・ウィングス」、「1979」

 ビリー・コーガン率いるスマッシング・パンプキンズの全米初登場No.1となったサード・アルバム。2枚組で、1枚目は「dawn to dusk」(夜明けからたそがれ)、2枚目は「twilight to starlight」(たそがれから星明り)と題され、1枚目は昼、2枚目は夜をイメージしている。
 とにかく全28曲というそのボリュームに圧倒されます。1曲目のピアノ・インストで始まり、2曲目のストリングスをフィーチャーした「トゥナイト、トゥナイト」は壮大さを感じさせる。その後は、ハードにヘヴィに、時にはメロディアスに迫り捲くる。U2の『アクトン・ベイビー』を手掛けたエンジニア フラッドのアレンジした「1979」が好きです。
[PR]
by nowhere_land | 2001-01-01 00:43 | Smashing Pumpkins | Trackback | Comments(4)