メロウ・ゴールド
ベック / ユニバーサルインターナショナル
1994年作品
お勧め度: ★★★
代表曲
「ルーザー」

 90年代米国より飛び出したベックのメジャー・デビューアルバム。
 フォーク、トラッドなどの泥臭い音楽とヒップホップを融合させており、このアルバムでは更にオルタナの匂いもプンプンする。
 さて、このアルバムの目玉は何といっても「ルーザー」。♪I'm a loser baby so why don't you kill me?(俺は負け犬、俺を殺したらどうだい?)と歌うこの曲は、レディオヘッドの「クリープ」、ニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」と並び、90年代最も重要な3大曲と称される。
[PR]
by nowhere_land | 2001-01-01 00:33 | Beck | Trackback | Comments(0)

『オディレイ』/ベック

オディレイ
ベック / ユニバーサルインターナショナル
1996年作品
お勧め度: ★★★★
代表曲
「デヴィルズ・ヘア・カット」、「ザ・ニュー・ポリューション」、「ホエア・イッツ・アップ」

 モップのようなコモンドール(犬)がハードルを飛ぶというジャケットが非常にユニークであるが、中身もサンプリング手法を駆使した変幻自在なサウンドで、何が飛び出すかわからない楽しさのあるおもちゃ箱のようなアルバム。
 ヒップホップからカントリーまでいろんな要素をミックスした、90年代という時代を象徴する作品。
[PR]
by nowhere_land | 2001-01-01 00:32 | Beck | Trackback | Comments(0)