ハートに火をつけて
ドアーズ / ワーナーミュージック・ジャパン 
1967年作品
お勧め度: ★★★★★ 名盤
代表曲
「ハートに火をつけて」、「ジ・エンド」、「ブレイク・オン・スルー」

 60年代のカリスマ ジム・モリソン率いるドアーズの衝撃のデビュー作。有名なタイトル曲は、主メロディー(歌の部分)の後、オルガン、ギターの間奏が延々続き、最後に主メロディーに戻る。主メロディーに戻った時には懐かしさすら感じる。現代ではこういった構成の曲はあり得ず、昔のバンドのスケールの大きさを感じさせる。
 ラストの「ジ・エンド」も衝撃的な作品である。メロディーにこれと言ったサビのようなものは存在しないが、13分に渡る起伏のある演奏により、感情の高まりを表現する。「水晶の舟」や「エンド・オブ・ザ・ナイト」等の感傷的で静寂感溢れるナンバーも、このアルバムの独特のムードを創り出している。
[PR]
by nowhere_land | 2001-01-01 01:22 | Doors | Trackback(1) | Comments(3)